日下部五郎が死去で「仁義なき戦い」や「極妻」の続編は?死因や家族の様子は?

未分類

任侠映画や実録路線を牽引してきた名プロデューサーの訃報が入りました。

日下部五郎さんといえば「仁義なき戦い」や「極道の妻たち」で有名ですが、長い歴史に終止符を打つことになってしまうのでしょうか。

日下部五郎さんを取り巻く状況について調査してみました。

日下部五郎のプロフィール

1934(昭和9)年、岐阜県生れ。早稲田大学卒業後、東映に入社。京都撮影所でプロデューサーとなり、1963年「変幻紫頭巾」でデビュー。「日本侠客伝」「緋牡丹博徒」シリーズなどの任侠もの、「仁義なき戦い」に代表される実録やくざ路線、「柳生一族の陰謀」などの大型時代劇、「鬼龍院花子の生涯」「極道の妻たち」シリーズなどの〈女〉路線、カンヌ映画祭パルムドールを受賞した「楢山節考」など130本以上の映画をプロデュースした稀代のヒットメーカー。

新潮社より

「仁義なき戦い」や「極妻」を一度はご覧になった人も多いのではないでしょうか。

一昔前ですと、邦画といえば任侠ものが多かった印象ですが、日本を代表するジャンルを牽引して下さった方だったんですね!

死因は腎不全!享年85歳

年齢的に考えてもなにが死因となってもおかしくはないと思いますが、腎不全となるとアルコールが関係しているのでしょうか?

調べても日下部五郎さんの背景情報が少なく、直接の原因がなにかまでは調査することができませんでした。

葬儀はご家族で営んだとのことです。こちらも情報が少なく様子等伺うことができませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

筆者としては一つの歴史が終わったのだという感じがしました。

小さな頃から身近な映画が多かったのもあり、生みの親がいなくなってしまうというのはさみしいものですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました