【コロナ】志村けん非透過性納体袋に入れられご遺族は顔見られずつらい別れに

未分類

こんにちは!かつら犬です。

志村けんさんの訃報で悲観にくれる今日この頃の筆者でありますが、コロナの影響がここまであるのかと思わされる事実がありましたのでご紹介させて頂きたいと思います。

伝染病のコロナは即座に火葬場へ搬送される

一般的に、お亡くなりになった方の葬儀は、お通夜に始まり、葬儀、告別式と遺族がお別れをする時間が設けられているケースが多いと思いますが、伝染病の疑いのある方は即座に火葬場へ搬送される様です。

一旦ご自宅にお帰りになったり、葬儀場にてご安置といった形ではなく、医療機関から火葬場に直接向かう事をお願いしますとの事でした。

また、この場合における搬送時にはお棺にお納めした状態で搬送が望ましいとのことでした。

コロナウイルス感染症でお亡くなりになった場合の火葬について

火葬時間については、一般の方の火葬時刻と同じではなく、時間をずらし他の方とは別な時間帯で火葬が行われるようです。

また、時間厳守にて到着後は速やかに火葬といった流れになるとのことでした。火葬場でお棺の蓋を開けてお別れをしたり、お花を入れたりといった事は、どうやらコロナウイルス感染症でお亡くなりになった方の場合には行えないようです。

また、物理的に1日に行える火葬の数も限界がありますので、当面の間は限られた件数で運用する方針とのことでした。

また、火葬に際して立ち会いが可能な人数については5人以下とのことで、この人数には私たちのような葬儀社の社員も含めてとのことでしたので、厳密にご遺族の方であっても火葬に立ち会いが可能な人数というのは、相当に制限されるような形になっております。

このように導線を制限し、その過程を一つ一つ管理することで、徹底的に感染拡大防止の策を講じるような形になったようです。

以前の記事で、コロナウイルス感染症は恐らく二類感染症に決まるように思いますと書かせていただきましたが、今回の決定は、ほぼ一類に準ずる運用の形となっております。

今回のコロナウイルス感染症は、今は世界的に感染拡大防止の対策を行っていかなければならない状況になってきておりますので、ウイルスの程度としては過去の事例からも二類程度であったとしても、感染拡大防止の視点から一類に準ずる扱いで火葬が行われるという形になってきております。

また、こうした事は保健所の方と協議の上、保健所の指導のもとでこのようにすると決められます。ですので、過剰に感染を恐れるのではなく、その感染拡大を防止するために必要な運用というのが保健所を中心に定められるわけですから、様々なデマや噂に流されずに周囲に対して安全な形で運用するための策となっております。

また、こうした形が決まってしまうと「普通のお葬式は難しいんですね」といった声が上がるかと思いますが、東京などの首都圏においては、葬儀後の火葬というのが一般的かと思いますが、私たち中本葬祭の地域である和歌山県新宮市や那智勝浦町周辺においては、葬儀の前に火葬を行う比率の方が通常も多いですし、同様に葬儀の前に火葬を行い、お骨で葬儀を行う地域も珍しくはなく、全国各地にそうした地域もございます。先にお骨にしてからお葬式をという形も普通のちゃんとしたお葬式ですから何ら心配されることはありません。

状況に合わせて火葬が後に来るか先にくるかという違いですので、今回のコロナウイルス感染症でお亡くなりになった方の火葬においては、世の中の感染拡大を防止するための公衆衛生の秩序に伴ってしっかりとお弔いを行う事が大切なことではないかと思います。

https://nakamoto.jp/%E3%82%82%E3%81%97%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%81%A7%E4%BA%A1%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%A9/より引用

ヤフー記事にもありましたが、ご遺族がお別れを言えないというのはあまりにも残酷な最後かと思います。

志村けんさんの死去を希望のストーリーにしよう!


今回の志村けんさんの訃報を受けて世の中の意識が変わりつつあるように感じました。

依然若い世代の方には関心の薄かったコロナウィルスですが、全世代に影響力のある方が亡くなったとあってツイッター上で「今こそ力を合わせるべき時」との声も。

まとめ

世間に衝撃をもたらした志村けんさんの訃報でしたが、今回の件を期にみなさんの意識が高まり、日本人としてしっかりと未来を見据えた対応を取っていきたいと思いました。

まだまだ予断を許さない状況ですが、協力して克服していきたいですね!

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました