杏の精神が崩壊寸前?!3人の子供の保育園送迎に一体何が?!

唐田えりかさんとの不倫問題で頭を抱えている東出昌大さんですが、違約金の問題もあり、自体の収集の目処がついていません。

激やせしたとの噂もききますが、一方別居中の杏さんも限界が近づいているとの情報が入りました。

今回は保育園にまつわる情報をお届けしたいと思います。

子供に対して一生懸命だった杏さんに変化が!

「子育ては家族で協力してやっていくもの」を信条としてやってきた杏さんでしたが、東出昌大さんの不倫騒動に始まり、別居生活を送る中で、仕事と家事をワンオペでやっていくことに限界を感じている様です。

従来の日本では祖父母を含めみんなで子供を育てていく風習から核家族化が起こり、夫婦で協力するのが基本スタンスとなってしまいましたね、そのため、芸能人の方も同様に考える方が多いそうです。

ところが、度重なる報道からの注目や、3人のお子さんを育てるのも一人では限界だと感じてきた模様。

子育てに協力者が現れる?!

「もともと彼女には『子育ては夫婦が協力してやっていくべきもの』という信念があり、多忙ななかでも食事や送り迎えを自ら行ってきていました。そんな彼女が、知人や事務所のスタッフに『自分だけでは無理。手伝ってほしい』と頭を下げたそうです。相当な思いで決断したのでしょう。周囲の人たちも快諾し、送り迎えを手伝うようになりました。そのぶん、自宅では杏さんが全力で子育てをしています。『あの人がいなくても、子どもたちに寂しい思いをさせたくない』と考えているのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)

「女性自身」2020年2月18日号 掲載

ライブドアニュースより

親としての決断に感服します!

プライドを捨てて子供の幸せを願う母の鏡ですね、筆者も一人の娘をもつ父として、子の幸せを第一として精進せねば!

スタッフの方や、周りの方のサポートを受けられる体制を整えつつある杏さんですが、夫婦としての問題も山積みです。

お子さんのことも心配ですが、杏さんの心が一刻も早く休まることを願います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お子さんがいらっしゃるご家庭には他人事と思えない内容でした。

閉鎖的な世の中になり、他人の力を借りることが難しくなっている今だからこそ、改めて考える必要がありますね。

サポートを受けやすくなる日本になることを期待します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました